「パーマ・縮毛矯正」について

はてなブックマーク
2015年07月16日

 

 

 当店のパーマは

 

・パーマ

 

・エアウェーブ

 

・デジタルパーマ

 

・縮毛矯正(ストレートパーマ)

 

 

と4種類全てございます。

 

 

 

 全て「還元」と「酸化」によって

 

髪の「動き・癖を元から変える」施術

 

という意味で同じです。

 

 

 

 化学反応の観点から

 

使用する薬剤と施術の工程を変えており

 

従来のやり方よりも、より少ないダメージで

 

よりしっかりパーマがかかります。

 

 

 

 

 

◯パーマ(コールドパーマ)

 

 

 最も一般的なパーマで、お手頃で万能。

 

当店では「%パーマ」などを良くやります。

 

ショートやボブに便利です。

 

 

 

 常に髪が濡れた状態でかけるため

 

乾かした際のパーマは出づらくなります。

 

(ウェーブギャップの差が大きい)

 

髪質によっては、あまりかからない事もあります。

 

 

 

 

 

◯エアウェーブ・デジタルパーマ

 

 

 どちらも、それぞれ専用の機械を使用し

 

髪が濡れた状態と、乾いた状態

 

両方を利用してパーマをかける施術です。

 

 

 

 一般的なパーマよりもカールが強く

 

乾かした際でもパーマが出やすくなります。

 

(ウェーブギャップの差が小さい)

 

 

 

 一般的なパーマではかからなかった髪質でも

 

パーマをかける事が可能になります。

 

 

 

 ※工夫してもデジタルパーマの威力は強めです。

 

工程が縮毛矯正と同じなので。

 

逆に言うと

 

縮毛矯正との同時施術はデジタルパーマしか出来ません。

 

 

 

 ※従来のやり方ではなく「工夫・応用する」前提

 

エアウェーブが現在最もダメージが少なく、

 

且つしっかりかかるパーマと言えます。

 

 

 

 

 

◯縮毛矯正(ストレートパーマ)

 

 

 言わずと知れた癖を真っ直ぐにするパーマです。

 

カラーと同様に

 

基本的には「リタッチ(根元)」で施術します。

 

 

 

 縮毛矯正は最も破壊力のある施術です。

 

もう最終兵器です。

 

しかもパーマのように毛先ではなく

 

根元から全てかける為、取り返しがつきません。

 

 

 

 慎重に、自分で薬剤を調合し

 

まず比較的、威力の弱い薬剤から使用しています。

 

過信は禁物です、傷まない矯正など絶対ありません。

 

 

 

 

 

 以上4種類、当店では全てDO-Sの薬剤を使用し、

 

除去剤も併用しています。

 

ちゃんとかけたパーマは

 

施術後や当日にシャンプーしたって落ちません。

 

 

 

 あとパーマが綺麗に出るかどうかは、

 

髪質と、カット、そしてスタイリング次第なので

 

パーマそのものはシンプルな方が良いのです。

 

 

 

 

 ちなみに、この4つのパーマが

 

現代パーマの全ベーシックです

 

これら以外にパーマはありません。

 

 

 

 薬剤の特性や施術工程、道具が違うなど

 

多少の違いがあるパーマもあるかも知れませんが

 

理論上は全てベーシック4つのいずれかに属します。

 

 

 

 また、◯◯パーマや◯◯ストレートなど

 

変な名称がくっついたパーマメニューがありますが

 

ああいうのは薬剤に何か混ぜたり、

 

合間に何かを併用しただけです。

 

 

 

 その分、料金が高くなる仕組みです。

 

「集客と売上の為」以外に意味はありません。

 

理論的に間違えた施術も多く見受けられます。

 

 

 

 数日だけコーティングで綺麗には見えますが、

 

手間を余計に増やしてたり、理論が間違えているので

 

その分ちゃんとダメージが酷くなります。笑

 

 

 

 結局やってることはベーシックの4つなんです。

 

トリートメントや未知の何かで髪の動きは変わりません。

 

またパーマは髪質まで変えることは出来ません。

 

 

 

 パーマはパーマです。

 

それ以上でも以下でもない。

 

確実に髪を傷める施術です。

 

 

 

 やってることが同じなら、

 

薬剤と施術工程を極力シンプルにすることで、

 

威力とダメージを少なくしてあげた方がいいんです。

 

 

 

 縮毛矯正は特にですが、

 

調子に乗らず、薬剤に依存せず

 

「施術の恐ろしさ」を自覚した美容師に

 

施術してもらうことを全力でオススメします。

 

 

 

 髪質と希望のヘアスタイル、

 

そしてダメージを考慮し

 

ちゃんと「必要な」パーマをかけるようにしましょう。

 

 

 

 パーマはカットと同じくらい「誤解」された施術です。

 

当店では、

 

ご予約いただいた施術でもお断りする事があります

 

やはり、パーマが最も多いです。

 

 

 

 

 

 以上簡潔に説明を書きました。

 

ブログのカテゴリ

 

 「パーマ」

 

 「エアウェーブ」

 

 「デジタルパーマ」

 

 「縮毛矯正」

 

にも色々書いてますm(_ _)m

 

 

 

 

一覧 TOP