カラー

2019年04月20日
はてなブックマーク

 


 

  馬鹿正直な美容師が

 

 1人はおってもよかろうもん。

 

 

 

 千葉は新検見川で美容室を営む九州男児です。

 

(都合の悪いことまで)何でも「ぶっちゃけ」ていきます。

 

 正しい情報を知り、

 

 より良いヘアスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 ・ホームページの「TOP」 

 

 ・ブログの最初「はじまり」と「まとめ」

 

 にも当店の詳細・重要事項など掲載しております。

 


 

 

 

 

 今日は当店には珍しく

 

ブリーチを使った話でいきますyamaBです。

 

否定はしないし好きだけど推奨もしませんよ。笑

 

 

 

 

 常連様のダブルカラーです。

 

かなり前に、一回ブリーチカラーしています。

 

グレイ系ってやつですね。

 

ありがとうございます◎

 

 

 

 ビフォ〜写真はないんですが

 

地毛を残し、毛先に向かって徐々に色が増えるカラー。

 

伸びて切って、もう毛先にしか残ってません。

 

 

 

 で、こういうハイトーンカラーは

 

こうして長期的に見て作るべきですね。

 

コロコロ変えたり戻したりできるもんじゃないので。

 

 

 

 ヘアスタイルってのがそもそも

 

デザインは長期的に考えておくべきものなので

 

カラーであってもデザインカラーなら同じなんですね。

 

 

 

 毛先がブリーチ1回ってことは

 

次同じカラーをすれば、中間1回、

 

毛先は2回になるわけです。

 

 

 

 毛先に向かってもっと明るくなっていく、

 

より自然なグラデーションを作ることができます。

 

まぁ髪が強靭で、それでもあまり抜けないんですが。笑

 

 

 

 こればかりは個人差あり、

 

1〜2回で余裕の方もいれば、

 

3回必要な方も当然いらっしゃいます。

 

 

 

 ただ1度にやるとなるとね

 

ブリーチ3回からのカラー1回で

 

4回カラーですからね・・・現実的じゃないですね。

 

 

 

 だから余計に

 

長期的に作っていった方が良いですね。

 

それぞれ楽しんで、徐々にゴールに向かう感じ。

 

 

 

 

 では2回分のブリーチグラデーションから

 

今回は地毛も暗くグレイ系ブラウンにして、

 

毛先にもグレイ系をガツンと色味を入れます。

 

 

2019-04-13 20.29.19

 

 

2019-04-13 20.29.26

 

 

 えー

 

ってなりますよね分かります。笑

 

トーンダウンしたとは言え、やけに暗いですね。

 

 

 

 まぁホント髪お強いので

 

まだオレンジ味ありましたんでね、個人差あります。

 

では更に、この状態からコテで少し巻いてみましょう。

 

 

2019-04-13 20.39.39

 

 

2019-04-13 20.39.46

 

 

 はい、「っぽく」なりましたね?笑

 

明るさと暗さが入り混じりコントラストが素敵です。

 

要は「光の当たり方」なんですねぇ。

 

 

 

 こういうカラースタイルは

 

ヘアカタなどでも大体「巻いてあります」

 

じゃないと「こういう風」には見えないんですね。笑

 

 

 

 で、当店の場合はもう、作り込みませんよ(B)笑

 

自宅でも出来るかなー、程度にシンプルに巻いてます。

 

帰るだけなんでワックスなども無し。笑

 

 

 

 写真はiPhoneの初期設定で

 

そのまんまパシャ。笑

 

ライトやレフ版、ストロボもなし。笑

 

 

 

 店内照明もやや暗いし暖色まじり。

 

夜で外からの自然光もない状態、環境は最悪です。

 

そして当然、写真は「無加工」です。笑

 

 

 

 なんなら写真より

 

実物の方(私の位置から見て)がグレイだし

 

ハイトーンの透け感もあって綺麗なくらい(B)

 

 

 

 ヘアカタやインスタに載せるような

 

宣伝広告用の写真なら

 

まぁ、0点なわけです(B)

 

 

 

 それでも、

 

ちょっと巻くだけでこんなに違うし、

 

コレこそ「現実(リアル)」ですよ(B)

 

 

 

 「写真の中」でしか再現できないような

 

盛りに盛ったヘアスタイルを基準にしてしまうと、

 

一生、満足のいくヘアスタイルにはなれませんからね。笑

 

 

 

 あと、ハイトーンカラー自体が

 

誰でも容易にいつでも出来るようなカラーではなく

 

ある程度「条件」がある、って点に気をつけましょう。

 

 

 

 

 


 

 private hair salon 「alma」 

 

 千葉県千葉市花見川区花園5-2-3-103

 

 総武線・新検見川駅が最寄りの

 

「髪に嘘をつかない」美容室です。

 

 ご予約・ご相談    「CONTACT」

 

 予約の空き状況の確認 「CALENDAR」

 

 価格表        「MENU」

 

 基本情報       「SHOP INFO」

 

 

 

 ◎おすすめサイト◎

 

・整体・骨格調整「Raks様」ホームページ

 

・場末のパーマ屋の美容師日記「DO-S様」

 


 

 
2019年03月09日
はてなブックマーク

 


 

  馬鹿正直な美容師が

 

 1人はおってもよかろうもん。

 

 

 

 千葉は新検見川で美容室を営む九州男児です。

 

(都合の悪いことまで)何でも「ぶっちゃけ」ていきます。

 

 正しい情報を知り、

 

 より良いヘアスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 ・ホームページの「TOP」 

 

 ・ブログの最初「はじまり」と「まとめ」

 

 にも当店の詳細・重要事項など掲載しております。

 


 

 

 

 

 ブログの最初のページ

 

「はじまり」と「まとめ」

 

にですね

 

 

 

 ※マニキュア、はじめました。笑

 

という記事を書いておったんですけれども

 

今だにオススメのダークブラウンしかないyamaBです。

 

 

 

 申し訳ありません。

 

あれからマニキュアをする機会もほぼなく、

 

当時のまま増えておりません・・。

 

 

 

 初めてのお客様のカットカラーだったんですが

 

カラーがずっとマニキュアだったんですね、

 

そして色味がブラウンではなく、

 

オレンジと?ヴァイオレットだったので

 

カラーすることが出来ませんでした。

 

失礼致しました。

 

 

 ビフォ〜

 

 

2019-03-09 11.41.58

 

 

2019-03-09 11.42.02

 

 

 写真でも分かるかと思いますが

 

根元の方がオレンジでヘナっぽく

 

中間から毛先はヴァイオレットになっております。

 

 

 

 前の美容室での意図が分からず悩みましたが

 

染まりやすさとして、今後統一していくなら

 

ヴァイオレットだろうと思います。

 

 

 

 ヴァイオレット部分にオレンジのせても

 

おそらくヴァイオレットが勝つかと。

 

もしくは混ざって新色(B)

 

 

 

 さらにダークブラウンをのせた場合、

 

ダークブラウンが勝つと思われます、

 

そうなるとヴァイオレットにすぐは戻せなくなります。

 

 

 

 ヴァイオレットのマニキュアを仕入れる発想がなかったので

 

今後もヴァイオレットマニキュアを続ける!

 

ということであればお伝えください仕入れます。

 

 

 

 

 

 カットはワンレン気味で

 

サイドとかセニングが少し入りすぎているようです。

 

根元から毛先までのバランスが極端でしたね。

 

逆に後頭部は重たく残っている状態ですね。

 

 

 

 今後はミディアムまで伸ばしたい希望もありましたので

 

長さは残しつつ、少し段を入れて調整します。

 

なので見た目はあまり変えることができません。

 

 

 

 

 アフタ〜

 

 

2019-03-09 13.10.23

 

 

2019-03-09 13.10.33

 

 

 主に後頭部がスッキリしております。

 

段もセニングも、多少なりとも入れてあげた方が

 

扱いやすいヘアスタイルになります。

 

 

 

 サイドからの写真を見ると分かりやすいですが

 

半年前にストレートパーマしているんですね。

 

根元は癖が出ていて、毛先は癖が少ない状態です。

 

 

 

 

 まだ湿度が低いのでよいですが

 

今が最も、見た目にも扱い辛い段階のはずです。

 

これは、もうカットでどうこうなる問題じゃないですね。

 

 

 

 ストレートを続けていくのか、やめるのか

 

マニキュアの色味とセットで

 

この辺も「覚悟」が必要になって参ります。

 

 

 

 カラーもパーマも矯正も

 

とにかく1度やったら当分の間

 

元に戻すことも変えることも出来なくなります。

 

 

 

 

 長さ的にも2年分、ミディアムで3年分は必要で

 

年単位で考える必要がございますので

 

具体的に掘り下げてみてもらえると幸いです。

 

 

 

 

 


 

 private hair salon 「alma」 

 

 千葉県千葉市花見川区花園5-2-3-103

 

 総武線・新検見川駅が最寄りの

 

「髪に嘘をつかない」美容室です。

 

 ご予約・ご相談    「CONTACT」

 

 予約の空き状況の確認 「CALENDAR」

 

 価格表        「MENU」

 

 基本情報       「SHOP INFO」

 

 

 

 ◎おすすめサイト◎

 

・整体・骨格調整「Raks様」ホームページ

 

・場末のパーマ屋の美容師日記「DO-S様」

 


 

2019年01月22日
はてなブックマーク

 


 

  馬鹿正直な美容師が

 

 1人はおってもよかろうもん。

 

 

 

 千葉は新検見川で美容室を営む九州男児です。

 

(都合の悪いことまで)何でも「ぶっちゃけ」ていきます。

 

 正しい情報を知り、

 

 より良いヘアスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 ・ホームページの「TOP」 

 

 ・ブログの最初「はじまり」と「まとめ」

 

 にも当店の詳細・重要事項など掲載しております。

 


 

 

 

 

 

 1329B 髪質を「柔らかく」見せる手っ取り早い方法。

 

という記事を昨日書きましたが

 

誤解のないよう、また補足しておきたいyamaBです。

 

 

2019-01-19 12.28.18

 

 「色」によって「感じ方」が変わる話を

 

少し書きましたけれども

 

あくまでも「多少、明るくする」程度の話です。笑

 

 

 

 とにかく色んな色味への

 

チャレンジを推奨する、というものではありません。笑

 

言うても日本人の髪色にそんなに種類ありません。

 

 

 

 

「ブラウン(茶色)」です(B)

 

 

 

 

 隠し味的に若干、他の色味も入れたりしますし

 

カット同様、髪質によって個人差もあるわけですが

 

パッと見て何色かと言われれば「ブラウンです」笑

 

 

 

 ブラウンが一切入っていないカラー剤で

 

赤とか青とか緑の色素しか入っていないカラーで染めても

 

それでもやっぱり単品で見れば「ブラウンです」笑

 

 

 

 そして生まれ持った色素というものは

 

「髪だけ・肌だけ」と独立したものではありませんので

 

結局日本人に似合う色と言えば「ブラウンです」笑

 

 

 

 髪の色素が濃ければ、肌はもちろん

 

「瞳」の色素だって濃いわけで、全て繋がっています。

 

最も自然な状態が、最も似合ってしまうのは必然。

 

 

 

 その理屈でいくと1番似合うのは

 

そのまんま「黒髪」なんじゃないか、とも思えますが、

 

もちろん黒が似合わないわけじゃないんですけど

 

 

 

 現代人のヘアスタイルやファッションは、

 

既に西洋のカットスタイルであり、

 

洋服も西洋文化で、お化粧だって大差ないんですよ。

 

 

 

 その辺に「平安美人」が歩いてたら

 

逆に浮くというか、

 

ビックリすると思うんですね。笑

 

 

 

「日本文化オンリー」で生きてた時代とは違うんです。

 

そういう時代の変化、「見た目」の変化を考慮すると

 

黒と同等か、それ以上に茶色が似合わせやすい。

 

 

 

 で、黒髪を黒以外に染めるには

 

アルカリカラーによる「脱色」

 

これ以外に方法がありません。

 

 

 

 容量いっぱいに「黒」が詰まってたら

 

何をどうしたって「黒」ですから。

 

それを脱色して自然に出てくる次の色が「茶色」なわけで。

 

 

 

 少し容量に空きができるので

 

そこに茶色以外の色味を入れることは出来ますが、

 

割合の大半は茶色なんで、やはり結果は「茶色系」笑

 

 

 

 しかも、そうして人工的に入れた色素は

 

100%とは言わないまでも「抜けて」しまうので

 

最終的に残る色味はやっぱり地毛の「茶色だけ」笑

 

 

 

 ですから「茶色は嫌だ」「普通の色は嫌だ」

 

と、言われましても(B)って感じでして。

 

もう、そういう「物質」なんで・・・

 

 

 

 それが日本人という「人種」です。

 

人種や生まれを否定しても何の役にも立ちませんので

 

諦めるというか、ご理解いただくしかないことです。

 

 

 

 では、茶色以外の色になるためには?

 

これも個人差ですが過半数を超える本数の髪が

 

全体に満遍なく「白髪」になるのを待つか、

 

 

 

 あとはもう「茶色に見えなくなる」まで

 

ブリーチで脱色し続けるしか方法はありません。

 

それ以外に無いもんは無いです。

 

 

 

 色を無理やり抜く = そのまんまダメージ

 

この方程式は絶対なので

 

明るければ明るいほどハイダメージです。

 

 

 

 ブリーチし続ければ、当然

 

髪はボロボロになってしまうので

 

茶色以外の色になれたとしても・・・

 

 

 

 ソレが美しいかどうか、

 

そもそも、ソレが日本人に似合うかどうか、は

 

正直、微妙なところです(B)

 

 

 

 個人差ありますので、絶対似合わないとは言いませんが

 

ヘアスタイル以外を含めて、総合的に

 

自分から「似合わせにいく」努力は、必要でしょうね。

 

 

 

 無理なく、髪が美しい状態を保ちつつ、

 

自然と「似合ってくれちゃう色」となると

 

やはり「ブラウン(茶色)」なんですね。

 

 

 

 っていうかブラウン(茶色)しか出来ないんですね。笑

 

「派手さ」や「オシャレさ」そして「美しさ」は

 

必ずしも「イコール」ではありませんよ。

 

 

 

 

 


 

 private hair salon 「alma」 

 

 千葉県千葉市花見川区花園5-2-3-103

 

 総武線・新検見川駅が最寄りの

 

「髪に嘘をつかない」美容室です。

  

 

 ご予約・ご相談    「CONTACT」

 

 予約の空き状況の確認 「CALENDAR」

 

 価格表        「MENU」

 

 基本情報       「SHOP INFO」

 

 

 

 ◎おすすめサイト◎

 

・整体・骨格調整「Raks様」ホームページ

 

・場末のパーマ屋の美容師日記「DO-S様」

 


 

2019年01月21日
はてなブックマーク

 


 

  馬鹿正直な美容師が

 

 1人はおってもよかろうもん。

 

 

 

 千葉は新検見川で美容室を営む九州男児です。

 

(都合の悪いことまで)何でも「ぶっちゃけ」ていきます。

 

 正しい情報を知り、

 

 より良いヘアスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 ・ホームページの「TOP」 

 

 ・ブログの最初「はじまり」と「まとめ」

 

 にも当店の詳細・重要事項など掲載しております。

 


 

 

 

 

 当初の予定では、とっくに引越してるはずでしたが

 

なんやかんやで、更にまた3週間待たされることになり

 

2月中旬になりそうなyamaBです。

 

 

 

 あと売主側の手続きが1つ残ってるらしく

 

まだ、終わってなかったのか・・

 

というか今からやるのか・・・という状況。

 

 

 

 あとからあとから、

 

聞いてない新事実が出てくるんですが

 

こういうもんなんでしょうかね。

 

 

 

 結局、契約期限ギリギリになってしまった・・

 

これ以上あとから新事実が出てきて、また遅れると

 

もう賃貸の退去届け出してるんで、住むとこなくなる。笑

 

 

 

 

 

 

 さて常連様のカットカラーです。

 

3ヶ月ぶりでしょうか

 

ありがとうございます◎

 

 

 

 ビフォ〜

 

2019-01-19 10.03.46

 

 

2019-01-19 10.03.52

 

 ミディアム〜ロングはあまり変わりませんが

 

ショート〜グラボブくらいだと

 

3ヶ月もすればシルエットが持ちません。

 

 

 

 正直、どんな状態であろうと

 

スタイリングをめちゃんこ頑張れば

 

それなりのヘアスタイルには出来ちゃうんですが

 

 

 

 いくらスタイリングといえども

 

「短く」はなりませんからね。笑

 

ってことで切り戻します。

 

 

 

 

 ドライヤーで

 

乾かすついでに軽くスタイリング

 

ハンドドライで。

 

 

 

 アフタ〜

 

2019-01-19 12.27.57

 

 

2019-01-19 12.28.18

 

 いやほんと、騙されたと思ってやってみて欲しいですね。

 

ほんのちょっと全体に毛先を動かすだけで

 

なんだか「柔らかい」質感になります。

 

 

 

 あ

 

この「柔らかさ」ですが

 

同じスタイルでも「黒髪」だと、また違って見えます(B)

 

 

 

 「色」というのは不思議なもんで

 

心理的にも生理的にも感情的にも

 

人の心理に影響を及ぼします。

 

 

 

「そう見えてしまう」ことなので仕方ないんですが

 

どうしても黒いほど質感が硬く、重く見えます。

 

明るいほど柔らかく、軽く見えます。

 

 

 

 自然界が「そうなってる」からなんでしょう、

 

もうそういう風に脳が「認識」しちゃってます。

 

騙し絵を見た時のように「錯覚」が起きます。

 

 

 

 まったく同じ硬度と温度の物質であっても、

 

色を変えると、脳が「思い込んでしまう」ので

 

感じ方、見え方が変わります。

 

 

 

 なんなら「味」すら変わります。

 

有名な話だと屋台の「かき氷」は「味が一緒」です。

 

でも赤は「苺」緑は「メロン」と脳が「錯覚」します。

 

 

 

「暖色系」と呼ばれる赤とか黄色ほど

 

「暖かそう」に見えるのも、同じ理屈ですね。

 

逆に青など「寒色系」は冷たく見えます。

 

 

 

 「柔らかい」質感を表現したい場合

 

カラーで脱色し、多少なりとも明るくする

 

これが最も簡単な方法と言えますね。

 

 

 

 ・・・まぁ、

 

カラーした分の「ダメージ」があるので

 

実際に柔らかくなってると言えなくもない。笑

 

 

 

 ちなみに、明るさを通り越して

 

「真っ白」になると、逆に硬く冷たく見えます。笑

 

白髪とか、強靭に見えるのはその為です・・。

 

 

 

 


 

 private hair salon 「alma」 

 

 千葉県千葉市花見川区花園5-2-3-103

 

 総武線・新検見川駅が最寄りの

 

「髪に嘘をつかない」美容室です。

 

 ご予約・ご相談    「CONTACT」

 

 予約の空き状況の確認 「CALENDAR」

 

 価格表        「MENU」

 

 基本情報       「SHOP INFO」

 

 

 

 ◎おすすめサイト◎

 

・整体・骨格調整「Raks様」ホームページ

 

・場末のパーマ屋の美容師日記「DO-S様」

 


 

2018年12月05日
はてなブックマーク

 


 

  馬鹿正直な美容師が

 

 1人はおってもよかろうもん。

 

 

 

 千葉は新検見川で美容室を営む九州男児です。

 

(都合の悪いことまで)何でも「ぶっちゃけ」ていきます。

 

 正しい情報を知り、

 

 より良いヘアスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 ・ホームページの「TOP」 

 

 ・ブログの最初「はじまり」と「まとめ」

 

 にも当店の詳細・重要事項など掲載しております。

 


 

 

 

 

 

 特殊なカラーとかが難しいのは当然として

 

あくまで一般的なよくある単色カラーやリタッチ、

 

のことを言っておりますyamaBです。

 

 

 

 

 

 

 さて常連様のカット?カラーです。

 

最近ずっと伸ばしてますが

 

普段扱っていて「とくに不便なし」であれば

 

無理に切る必要はないですね。笑

 

ありがとうございます◎

 

 

 

 

 ビフォ〜 

 

2018-12-05 13.58.30

 

 

2018-12-05 13.58.36

 

 短いボブから伸びてきて首が隠れたのは久しぶりですね。

 

「暖かい」そうです(B)

 

首元が出るのと出ないのとでは全然違いますもんね。笑

 

 

 

 毛先中心に癖の動きが出るのは

 

長くても短くても一緒なんで

 

今回も前髪カットにしておきましょう。

 

 

 

 今回は「カラーの染め方」に関して

 

改めて書いておきましょうか。

 

リタッチなんですけど「染め分け」ですね。

 

 

2018-12-05 14.01.47

 

 こちらテッペンの分け目付近

 

2ヶ月分の根元が伸びてますね。

 

1番白髪の比率が多い部分で9割超えです。

 

 

 

2018-12-05 14.02.03

 

 こちらは後頭部、内側めくった部分。

 

全然、違いますね。

 

このあたりはほぼ黒で、白髪の含有率は1割程度。

 

 

 

 個人差はありますが、

 

このように白髪の含有率は部位によって違います

 

全て一緒、という方が珍しいでしょう。

 

 

 

 多少の差なら馴染んで分からないんですが

 

今回のように9割と1割の差とかは別です。

 

こういう時にカラーの「塗り分け」が必要になります。

 

 

 

 いくら白髪染めとはいえ

 

実際に黒い髪と白い髪、

 

一緒に染めても「全く同じ色と明るさ」にはなりません。

 

 

 

 色の差が100か0かなので

 

その差を縮めて「馴染ませる」程度のものです。

 

縮めはしますが「同じ」ではないのです。

 

 

 

 白髪の方が「明るい」染まり上がりになります。

 

ということは、白髪の比率が多い部位ほど

 

同じカラーで染めていても仕上がりは「明るい」です。

 

 

 

 今回のケースで1色のカラーで染めると

 

表面だけ妙に明るくて、内側〜毛先だけが暗い

 

という2色な頭になってしまいます。

 

 

 

 白髪の比率と「差」にもよりますが

 

今回のケースなら2トーンほど明るさを変えます。

 

上を暗く、下を明るいカラー剤で「塗り分け」です。

 

 

 

 アフタ〜

 

2018-12-05 16.00.18 

 

 

2018-12-05 16.00.31

 

 手ぐしで伸ばしただけです。

 

癖のおかげで柔らかい質感に仕上がりますね。

 

もちろんブラシならもっと伸びるでしょう。

 

 

 

 毛先はカラーしていませんが

 

一見、上下ともに同じ程度の色・明るさになりました。

 

でも2トーン、違うカラー剤ですからね。

 

 

 

 根元と毛先を分ける、だけが塗り分けではありません。

 

根元のリタッチカラーだけでも

 

状況によっては塗り分けなければ綺麗には染まりません。

 

 

 

 頭全体の比率のチェック

 

それによる明るさの差

 

そこに何トーンのカラー剤を使用するか・・などなど

 

 

 

 こういう「判断」と、その為の「診れる目」

 

実際にそれを実行に移せる「技術と薬剤」を有すること。

 

美容師の存在理由の1つと言えます。

 

 

 

 セルフカラーで

 

カラー剤を2種類以上用意したり、塗り分けたりと、

 

さすがにここまでやってる方とはお会いしたことない。笑

 

 

 

 そもそも

 

単色であったとしても、

 

セルフではリタッチすら至難です。

 

 

 

 とくに塗り分けは2色以上あるワケで、

 

大変な色になってしまうリスクも高くなりますので

 

実際にオススメしません。

 

 

 

 リタッチなんてアシスタントでも出来る簡単な施術?

 

いいえ大事なのは「判断と選択」です、

 

それが出来るならもうスタイリストでしょ。

 

 

 

 指示された通りに「塗るだけ」なら

 

練習しているアシスタントでも可能でしょう、が

 

「1から決める」コレが出来ないからアシスタントです。

 

 

 

 

 自分でやっていただいても構いませんが

 

当然に自己責任でお願い致します。

 

決して他人や美容師のせいにしませんように。笑

 

 

 

 もっと言うとセルフで変な色になってしまって

 

ソレを美容師が「もし直せなくても」

 

美容師のせいではありませんので悪しからず。

 

 

 

 1度染めた部位はダメージ的にも元には戻らず

 

色素の重複で黒く沈んだ部位も綺麗には落ちず

 

ムラになった部位も完全に直すことは不可能です。

 

 

 

 もし運良く、染め直しで馴染み誤魔化せたとしても

 

その更にカラーを重ねたことによるダメージの増加からは

 

絶対に逃げられない(最悪ブリーチだし。)

 

 

 

 カラーはそもそも「わぁ、簡単ステキー」みたいな

 

誇張気味に垂れ流されているテレビCMのように

 

「簡単な施術」ではない。

 

 

 

 綺麗に染まった時は良いでしょうが

 

失敗してもメーカーは責任取ってくれませんよ(B)

 

お気をつけください、カラーリング舐めるな危険です。笑

 

 

 

 


 

 private hair salon 「alma」 

 

 千葉県千葉市花見川区花園5-2-3-103

 

 総武線・新検見川駅が最寄りの

 

「髪に嘘をつかない」美容室です。

  

 

 ご予約・ご相談    「CONTACT」

 

 予約の空き状況の確認 「CALENDAR」

 

 価格表        「MENU」

 

 基本情報       「SHOP INFO」

 

 

 

 ◎おすすめサイト◎

 

・整体・骨格調整「Raks様」ホームページ

 

・場末のパーマ屋の美容師日記「DO-S様」

 


 

 
BLOG TOP