美容室の「裏事情」について

はてなブックマーク
2015年07月15日

 

 

 メディア、CM、雑誌、チラシ・・

 

今やネット上ですら

 

美容業界、美容室は「誇大広告」ばかりです。

 

 

 

 

「誇大広告」

 

・・・商品やサービスの内容・価格などが

 

実際のものより優良または有利であると

 

消費者に「誤認」させるように表示した広告。

 

 

45510320

 

 

 「イメージ戦略」のイメージだけが

 

「本来の用途や効果」を越えてしまってるんですね。 

 

 

 

 イメージは所詮イメージです。

 

現実ではありません。

 

過ぎた欲は髪を壊します。

 

 

 

 そういった普段

 

「お客様が教えられていない」物事を総称して

 

「美容室の裏事情」と呼んでいます。

 

 

 

 ポイントは「誤認」です。

 

あからさまな「嘘」はつきません。

 

薬事法違反など、詐欺になってしまうからです。

 

 

 

 あくまでも

 

「お客様が勝手に誤認して買った = 自己責任」

 

ということです。

 

 

 

 「既製品」なら、個体差もないし害もないかも、

 

返品交換クーリングオフも出来るかも知れません。

 

売ってる側に、悪気がない場合だってあるでしょう。

 

 

 

 でも髪は何かやればやるほど傷んでいきます。

 

壊すのは一瞬で出来ます。

 

でも元に戻すには長い年月がかかってしまいます。

 

 

 

 誰も助けてはくれないし

 

責任もとってくれません。

 

だって「自己責任」だから。

 

 

 

 結局、

 

お客様、自らが「自衛」するしかないんです。

 

その為にこんな夢のないブログを書いてます。

 

 

 

 自分の常識は他人の非常識ですから、

 

私の常識や価値観を押し付ける気はありません。

 

真実を知った上でなら、好きに選んだらいいです。

 

 

 

 ただ私がお伝えしたいのは「現実」の話です。

 

「1+1=2」であって「3」では決してない。

 

そういう単純でシンプルな真実なんです。

 

 

 

 「この壷やブレスレットを買えば

 

髪も綺麗になって幸せになれますよ」

 

と美容師が言ってきたら、買いますか?

 

 

 買いませんよね(B)

 

 

そういうことです。笑

 

 

 

 正しい情報を知りましょう。

 

自分の髪を守れるのは、自分だけです。

 

 

 

 

 

 

 ↓裏事情↓

 

 

◯髪の傷みは治せない。

 

 

美容室は髪を傷めるところ。

 

 

◯シャンプーは髪を「洗う」だけ。

 

 

◯トリートメントの「やり過ぎ」は逆効果。

 

 

◯追加料金が必要なメニューは断っていい。

 

 

◯単価が高くなるメニューも断っていい。

 

 

◯ヘアカタログは「アイロンとコテとフォトショップ」

 

 

◯髪質の限界を越えるヘアスタイルは作れない。

 

 

◯割引クーポンは「お得」なワケじゃない。

 

 

◯安いのに「早くて丁寧で上手」な美容室はない。

 

 

 

 

 普段の「BLOG」でも

 

もっと細かい裏事情について

 

日々書いたり(書かなかったり)しています。

 

暇つぶし程度に読んで頂けると幸いです◎

 

 

 

 

一覧 TOP